睡眠の基礎知識
睡眠中には以下のような生理現象が起こります。
睡眠・覚醒リズム
眠りには、ノンレム睡眠レム睡眠があり、80〜110分の周期で現れます。朝方にはレム睡眠が多くなり覚醒に備えます。(緑の部分がレム睡眠です。)
体温リズム
体温は、入眠時刻頃から下がり出し、脳に休息を与え、睡眠中のエネルギーの消費を防ぎます。不眠の人はこの体温リズムが狂って入る事が多いようです。
発汗量
入眠時刻頃から体温を下げる放熱手段として、発汗量は増え、朝方には体温が上昇を始めるため、発汗量は減ります。人間は体温を1度下げるのに汗を100tをかきます。
成長ホルモン
成長ホルモンは、入眠時約1時間のさも深い睡眠の時期に多く分泌され、成長促進や疲労回復を促進します。女性が寝不足だと化粧の乗りが悪いのはこのせいです。
コルチゾール
コルチゾール(免疫物質を作る副腎皮質ホルモン)は、睡眠中に増加し、朝方に最高となり、覚醒後の活動に備えます。
寝返り
寝返りは、レム睡眠中に起こりやすく、一定の姿勢による体への圧迫からの血行不良、筋肉疲労を防ぐ現象です。また日中の仕事・運動などで歪んだ脊椎・腰椎・頸椎などを
修復する働きもあります。
☆爽やかな朝のために☆
上の表のように睡眠に入る前に体温が1日の中で一番高くなり眠気を増してきます。そして発汗が始まり体温が下がり(約1度前後)、一晩の内で一番深い眠りに入って行きます。その深い睡眠中に新陳代謝を活発にする成長ホルモンなどが分泌されます。そのほかにも抗癌剤に使用されるインターフェロン・インターロイキンなども深い睡眠中に分泌されます。そして夢を見る睡眠、レム睡眠に入って今度は脳のストレスを取り除き記憶の定着を計っています。お分かりのように、長く寝るよりもどれだけ深い眠りを取るかが健康維持のポイントです。


「睡眠中の生理現象」を妨げない




睡眠館トップページ